獣医の鉄則

補助金、4種類に分類=一括交付金化の検討で−地域主権会議(時事通信)

 鳩山政権の地方分権改革の柱の一つである、ひも付き補助金の一括交付金化について、制度化に向けた検討方針が2日、明らかになった。現行の地方向け補助金や交付金を性格別に4種類に分け、一括化の対象になるかどうかを精査する。3日開かれる政府の地域主権戦略会議(議長・鳩山由紀夫首相)で議論する。
 同会議は、(1)国が地方の業務を縛る「義務付け」の改革(2)都道府県から市町村への権限移譲(3)一括交付金化(4)国出先機関の抜本改革−の主要4分野について、担当主査を決めて検討。改革の基本的考え方を示す「地域主権戦略大綱」の骨子を5月、原案を6月にそれぞれ策定する。
 このうち一括交付金化では、各省の補助金や交付金を▽子ども手当などの「現金給付」▽高齢者医療や介護保険などの「保険」▽障害者福祉や義務教育などの「サービス」▽国土交通省の交付金や各省の施設整備費補助金といった「投資」−の四つに分ける。分類した後、一括化の対象となり得る分野を整理する。 

【関連ニュース】
道州制に否定的=「地方分権の試作品」
ハローワークは移管対象外=国の出先機関改革で
鳩山首相、メンバーから除外=「オブザーバー」参加に
国の出先3万5000人以上削減=統廃合推進
施政方針演説要旨

学力テスト 問われる抽出方式(産経新聞)
ヤンキー先生、北教組の「ひどい実態」暴露(産経新聞)
石原軍団・池田努、線路から男性救出「当然のことをした」(産経新聞)
<虐待>食事与えず5歳長男衰弱死、あざも 父母逮捕 奈良(毎日新聞)
宝塚のブランド買い取り店に強盗、150万奪う(読売新聞)
[PR]
by mi5olzy6pi | 2010-03-10 09:52
<< 山手線のホームドア、6月26日... 反対決議「自然な流れ」=谷垣氏... >>