獣医の鉄則

露銃撃時の航跡記録なし、2漁船スイッチ切る?(読売新聞)

 北方領土の国後島沖で、北海道・羅臼漁協所属の漁船2隻がロシア国境警備隊から銃撃された問題で、2隻の航跡を記録する衛星利用船位報告システム(VMS)のデータが、銃撃前後の4時間半途切れていたことが2日、第1管区海上保安本部(小樽市)などの調べでわかった。

 2隻が銃撃を受けた1月29日のデータを1管が解析したところ、2隻のVMSは、午前8時過ぎまでデータを受信しているが、午前8時半頃から銃撃を受けた午後1時頃まではデータが途切れ、航跡の記録がないという。

 また、1月8日の操業開始以来、2隻のVMSが2時間以上データ受信していない日が数日分あった。2隻が意図的にVMSのスイッチを切っていた可能性もあり、1管で船長らから事情を聞いている。

 VMSは、漁船に設置した発信器が2分間隔で自船の位置を電波で送信し、複数の衛星が受信したデータを同漁協の端末に蓄積するシステム。同システムの日本代理店によると「4時間半もデータの間隔が空くことは考えにくい」という。

鹿大、同意なく 68人から採血 「研究目的」告げず(西日本新聞)
2千数百万詐取容疑で追送検=近未来通信元専務ら−警視庁(時事通信)
<自民>参院選の公認候補2人を発表(毎日新聞)
無免許の高3、乗用車で3台当て逃げ…愛媛(読売新聞)
山田洋次監督 「ベルリン」特別功労賞を受賞(毎日新聞)
[PR]
by mi5olzy6pi | 2010-02-05 22:37
<< 【無名録】教えない「先生」(産... <著作権>松沢・神奈川知事が敗... >>